FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

高いスイスフランが小林可夢偉を苦しめる!?

 

 

 

 

 

 

 

スイスフランってカラフルできれいですね。

皆様こんにちは。インターン宮本です。

今日は、このカラフルなスイスフランが小林可夢偉の成績に悪影響を及ぼす!?ってお話です。

ニューヨークで小林って言うと、もう完全にあの10分間にホットドッグを60本ほど召し上がる小林さんの事なんですけど、小林可夢偉さんは日本が世界に誇るF1ドライバーです。お間違いなく!

 

多くのF1チームの本拠地はイギリスにあるんですけど、小林可夢偉が所属するザウバーF1チームはスイスのヒンウィルというところにあります。スイス”Blick” 紙によると、安いユーロと米ドルが、ザウバーの財政を悪化させるかもしれないそうです。

以下”Blick” 紙より抜粋。

「チームに在籍する280人の従業員の多くは、相対的に高いスイス・フランで給料を受け取っているが、F1からの興行収入やスポンサーからの入金は、主に米ドルとユーロで行われてる。」

この人、ザウバーF1・チーム代表のペーター・ザウバーさん(67歳)も、

「こりゃ災難じゃ。ウチは給料だけじゃなく、パーツ屋にもフランで支払ってんじゃよ。プハーッ。」

とおっしゃっているそうです。

 

F1チームの2011年の平均予算は推定1億1,300万ユーロ(約125億円)といわれています。この予算のほとんどはF1マシンの開発・研究に充てられていると思われます。

現在のF1で勝つにはエアロダイナミクス(空気力学)の効率がキーファクターとなっています。そのために、各チームはより効率の良い空力パーツを開発しようと躍起になっています。だから某チームのように、年俸10億円の天才デザイナーを雇ったり、数百億円かけてテスト用の風洞を建設したりするんですね。新しいフロントウィングをウン千万かけて作ったものの、全くの役立たずで即ゴミ箱行き、って事もあるそうです。もったいないですねー。いい大人たちが、一年に19回だけ走る車に100億円以上も使っちゃうんですからびっくりですよね。もう常識疑っちゃいます。

小林可夢偉さんも速い車が無ければ活躍できないわけで、このままスイスフラン高が進行してしまうと、ザウバーチームが貧乏になってしまって、新しいパーツを作れない、なんていう悪循環に陥る可能性があるわけです。為替市場がこんなところにも影響してるんですね。

可夢偉ファンのみなさん!ザウバーを応援するため、力を合わせてUSDCHFEURCHFを全力ロングしましょう!!(冗談です)

 

バイキング口座開設はこちらからどうぞ!

★Viking3%入金ボーナス、F1日本GP観戦券が当たる!★→こちらをクリック!

★フリーダイヤル始めました!★ →こちらをクリック

★円でクレジットカード入金!★ →こちらをクリック

★CX VikingスプレッドUSDJPY 0.4!→こちらをクリック

★CX Viking ソーシャルネットワーク!★ →こちらをクリック

★FXDD公認 ソーシャルネットワークページ!★ →こちらをクリック

 

ソース:

MadeInMotorSport.com

Wikipedia

TN

About the Author

Leave a Reply

*