FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

FXDDスタッフのバイキング対決6日目

日にち:7月25日(月曜日)
時間:午後1時30分
天気:くもり
投稿者:寺田真里子

こんにちは!FXDDまりべーです。
実は体調不良でちょっとテンション下がり気味(ノ_-。)
先週と今週、やばいくらい暑い天候がNYを襲ったのと
ろくに食べていないからなのか。。自己管理、大事ですよね。

さて、今週もFXDD JAPAN バイキングコンテストの詳細をレポートします。
あと5日で終わりますので本腰いれてトレードですね。
今日はAUDJPYチームからの報告です!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

皆様こんにちは。AUDJPYチームのインターン・宮本です。弊社マネージャー深野とコンビを組んでいます。毎日、トレードが楽しくて夜更かししてしまい、完全に寝不足気味です。では、先週までの結果報告です!

月曜日 +$6,000
火曜日 +$1,000
水曜日 +$7,000
木曜日 -$10,000
金曜日 +-$0

FXデビューとなった先週は、ジェットコースターのような一週間でした。週前半は深野さんの神業トレードと僕のビギナーズラックで利益を重ねていましたが、木曜日にとうとう損失を出してしまいました。振り返って見ると、水曜日くらいからリスク管理が甘くなっていたように思います。取引履歴には、日を重ねごとに購入ロット数が増えている様が克明に記録されていました。利益を重ねる>気が大きくなる>大勝負に出る>負ける、という自滅のパターンに見事にはまってしまいました。ただ、一週間トレードをしてみて、いろいろ学ぶことがありました。素人なりに思ったのは、「3つの数字」を大切にするという事です。

「3つの数字」とは、
    ・リスク許容量
    ・パフォーマンス目標
    ・ターゲット・ピップス        
の事です。

ポジションを持つと冷静な判断力を失う、という事を何度も経験しました。特に、動きの早い相場で予想が外れた場合にです。完全に予想が外れているのに、ぐずぐずして損切りが遅れる、みたいな事が何度もありました。悪い状況を瞬時に受け入れることが出来ず、さらに自分の判断を根拠無く正当化してしまい、さらに状況が悪くなる、といった感じです。なぜそうなってしまうのか?と考えたのですが、一番の理由は判断基準を数値化していなかったからだと思っています。そこで「3つの数字」を設定することで、システマチックにトレードを執行することが出来るのではないかと思っています。あくまで僕個人の考えですが、リスク許容量は、失っても心理的ダメージが無い金額を設定するべきだと思います。

結果を恐れないですむので、萎縮せずトレードできるかもしれません。パフォーマンス目標は、デイリー、ウィークリー、マンスリーで決めようと思っています。目標を明確化することで、戦略が決めやすくなりますし、もし目標を上回っている場合は、無駄なトレードをしなくて済みます。ターゲット・ピップスは、利食いのチャンスを逃さないために有効だと思います。
これを決めておけば、自信を持ってクリックできる気がします。と、いずれも感情的判断を排除して、計量的判断で心理状態をコントロールするためのものです。

FXトレードはメンタルスポーツ的な要素が強いと思います。心理状態のコントロールがパフォーマンスを左右している気がします。また、相場をコントロールすることは出来ないので、自身のメンタルのみがFXトレードというゲームの中で唯一コントロール可能な要素だと思います。「予想は当たらない」という前提の中で、利益を生み出す意思決定システムが必要だと感じた一週間でした。僕は以前、レーシング・カートのレースに参加していたことがあるのですが、いくらか共通点があるように感じます。レースでは、序盤でトップを走っていてもあまり意味は無く、最終的にトップでゴールすることが重要です。

FXトレードでも最終的に勝つことが重要ですよね?では、以上の点をトレードに生かして、今週もがんばります!皆様もトレードを楽しんでくださいね!

宮本 康雅

PS: 深野さん、今週のトレードよろしくお願いします。$20,000くらいお願いします。偉そうなことを言ってしまったので負けられないです。

About the Author

Leave a Reply

*