FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSD 一旦上昇し再度下降傾向

EURUSD は上部レジスタンスを基準にし下方へ動きました。マーケットのレンジは狭く、動きは上へ下へと動きますが上下レベルを破らずイライラする動きをみせます。 上部を破れなければ売り傾向が優勢になります。1.4454 はNY の高値です。最安値は1.4385に達しました。中間値は1.4419です。昨日の終値は1.4413です。

中古成約指数発表の影響でドル売り進む
Written January 5, 2010 at 10:23 AM EST by Greg Michalowski

ドル売り優勢の傾向。

EURUSD は上昇し1.4413 レジスタンスレベルを破り、100と200 MA は5分チャートで1.4425 レベルを基準としています。   MAが現在のプライスとともに集中した動きを見せていることから「トレンドのような」動きに注意です(ここでのルールは3要素が集中した時に動き去るのは プライス)。1.4425 レベルから動き去る動きに注目です。

USDCHF は下降し100MAを1.0303 レベルを基準としています。以下のところプライスはこの留まっていますが、要注意です。

GBPUSD は100 MAより上へ動き1.6049 レベルにあり、次のターゲットは200MAのある1.6071です。  この動きに注目しこれが上昇傾向への確信となります。

About the Author

Leave a Reply

*