FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 2

重要連絡事項

お世話になっております、FXDD寺田です。

今日はとてもとても重要な連絡がありまして、投稿をさせて頂いています。

 

 

お客様各位:

 

平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。お客様もご存知の通り現在FXDD はNFA登録認可待ちです。NFAの登録を完了するために、弊社での取引規則をNFA および CFTC の規制と合致させる必要があります。このため、米国東部標準時間2009年11月29日(日)よりCFTC およびNFAの規則に応諾するため弊社での取引環境に変更を加えさせていただくことを発表します。今後、FXDDの全ての口座の公式取引履歴は弊社のバックオフィスの履歴となり、この履歴がお客様へ報告されます。メタトレーダーのプラットフォーム上に表示される取引履歴は公式の履歴としてみなされません。FXDDのバックオフィスでの履歴が、ヘッジおよびFIFO 二冠してCFTCおよびNFAの規制に応諾している履歴となります。また、レバレッジもNFA 規制に従う事になります。変更に関する詳細は以下リストをご参照ください:

 

1.レバレッジはUSD/TRY およびUSD/MXN で最大25倍に、その他の通貨ペアでは(ゴールド、シルバーを含む)最大で100倍に変更になります。現在お持ちのポジションを再度ご確認いただき、今週日曜日レバレッジ変更時に十分備えていただくことをお勧めします。 ピップバリューの計算には弊社ウェブサイトの計算機が便利です: http://www.fxdd.com/en/forex-trading-tools/calculators.html.

 

2.今後弊社の公式口座履歴はFIFO (ファーストイン、ファーストアウト)を適用しヘッジポジションは相殺されて表示されます。

 

3.FXDDのバックオフィスはヘッジを認識しません。弊社のバックオフィスはポジションベースのシステムであり全てのヘッジポジションは即相殺されて履歴に表示されます。注記: この変更によるお客様の取引スタイルやEA への影響は一切ありません。

 

4.今後メタトレーダーからディリーリポートのメール送信は一切ありません。公式ディリー/マンスリー口座履歴は弊社バックオフィスより直接メール送信されます。変更後もメタトレーダーのプラットフォーム上「ターミナル」より口座の全履歴を保存する事は可能ですが、この取引履歴は取引チケットベースとなり、取引を表示しますが公式の残高などを表示するものではありませんのでご注意ください。

 

5.間もなく弊社よりお客様がそれぞれの公式口座履歴にアクセスいただけるようバックオフィス閲覧用ログイン情報をご案内させていただきます。バックオフィスにログインしていただければこれまでのように口座履歴を作成したり印刷していただくことが可能です。

 

6. これに伴いメタトレーダーのプラットフォームに変更が加えられましたので再度ダウンロードお願いします。

 

*ダウンロード先リンクはこちらです:http://www.fxdd.com/download

 

ご迷惑をお掛けし大変申し訳ありません。またお客様皆様のご協力ありがとうございます。ご不明な点、ご質問はお気軽にお問い合わせください。日本語直通電話+356.2013.3405 日本語メール:jp@fxdd.comです。今後とも宜しくお願いします。

About the Author
  1. Corgi Reply

    お世話になります。

    現在のBuild 225をそのまま使った場合、どのような問題がありますか?

  2. FXDD Reply

    Corgiさま、

    コメントありがとうございます。

    この度の弊社の変更事項でFXDDご利用の皆様に大変迷惑や混乱を招いてしまった事に対しお詫び申し上げます。

    今までのMT4をそのままご利用されるのではなく(そのまま取引を続ける事は可能ですが)、弊社のウェブサイトから新しいMT4を必ずインストールする事をお勧めします。取引履歴の表示方法が変わりますので、再インストールして頂ければ幸いです。www.fxdd.com/download

    よろしくお願いいたします。

Leave a Reply

*